YOH消防士の資産運用・株式投資

消防士の資産運用、株式投資、仕事について紹介しています。

資産1億円は夢ではないのが長期のインデックス投資

資産1億円

 職場での休憩時間に「1億円あったら何をするか」という話は誰もがしとことがあるのではないでしょうか。

 ・1億円あったら今すぐ会社を辞めますよ

 ・1億円では人生逃げ切れないので働きますが、残業はしませんね

 多くの場合、このような話になるということです。そして、この話には裏がありますね。

 ・このまま働いていても1億円なんて絶対に手にすることはできない

 ・1億円なんて特別年収が高くないと達成できない

 1億円あったら何をするか、という話の大前提としてはこのような感情があるということです。確かに、資産1億円というのは誰しもが到達できる領域ではないですね。

出典 

野村総合研究所、日本の富裕層は133万世帯、純金融資産総額は333兆円と推計 | ニュースリリース | 野村総合研究所(NRI)

 世帯の純金融資産保有額を表す図として非常に有名な野村総研の資産ピラミッドを見ても、純金融資産保有額1億円以上は富裕層とされており、それより上の超富裕層と合わせても、全体の上位2%に属していることになります。

 一般的な年収の会社員やサラリーマンにとっては、手が届かない領域と考えてしまうことに無理はないということです。

 しかし、資産1億円というのが、一般的な年収の会社員や公務員にとって本当に手が届かない領域かと言えば、そうではないと私は考えています。

 ・資産1億円に到達するための具体的な手順

 ・資産1億円には誰でも到達することができるのか

 今回はこの2点について考えてみたいと思います。

資産1億円に到達するための具体的な手順

 資産1億円に到達するためは様々な方法があるでしょうが、最も再現性の高いのは長期のインデックス投資です。

 ・暗号通貨で億り人

 ・FX取引で1年で5,000万円の利益

 ・10万円からはじめた先物取引で資産1億円に到達

 このようなことは誰にでもできることではないですね。1万人が挑戦して1人が成功するというような極めて勝算が低い資産形成方法だということです。

 会社員や公務員が資産1億円に到達するには、このような手順ではなく、長期のインデックス投資が最も適しているということです。

 ・時間分散

 ・銘柄分散

 この2つを有効に使うことによって、安全性と確実性を可能な限り上げて資産形成を行うのがよいということです。しかし、長期のインデックス投資をしたからと言って、誰もが1億円を作ることができるかと言えば、そうではありません。

 ・家計の支出を見直して、インデックス投資に投下できる資産を増やす

 ・それを30年間という超長期に渡って続けることができる

 この2つの前提条件をクリアできるのであれば、誰しもが資産1億円を作ることができるということです。

 ・年間投資額180万円(月15万円)

 ・平均利回り4%

 ・運用期間30年間

 実際には、この前提条件を満たせばシミュレーション上では資産1億円を作ることができます。

出典 楽天証券

 ・投資元本 5,400万円

 ・運用益 5,000万円

 ・合計 1億400万円

 年間180万円のインデックス投資(年利4%)を30年間続けると、このような資産額になるということです。これは、シミュレーション上の金額ですが、実情に極めて近いものだと私は考えています。

資産1億円には誰でも到達することができるのか

 ・年間投資額180万円(月15万円)

 ・平均利回り4%

 ・運用期間30年間

 この3つの前提条件を満たせば、資産1億円に到達することができますが、誰しもが到達することができるかと言えばそうではないですね。特に難しいのが、「年間投資額180万円」というところですね。

 年間180万円を資産運用に充てるというのは、どの世帯でも簡単にできることではありません。

 ・毎月の給料は生活費で消えてしまう

 ・年収が低くて難しい

 このような理由から年間180万円を捻出することが難しいということです。確かに、年間180万円を捻出することは簡単なことではないですが、それをいきなりやる必要はないということです。

 ・初年度は10万円しか捻出できなかった

 ・2年目は支出を見直して30万円捻出できた

 このように徐々に増やしていけばよいということです。そうすることによって、徐々に資産増加していくことは間違いないからですね。

出典 楽天証券

 仮に、投資期間を40年間取ることができたのであれば、月8.4万円(年間101万円)をインデックス投資に充てることによって、資産1億円に到達することができるということです。これも誰にでもできることではありませんが、方法はひとつではないということです。

 ・毎年継続して100万円ほどの入金力を確保する

 ・30年~40年、もしくはそれ以上の投資期間を設ける

 ・淡々とインデックス投資を継続する

 この3つをすることができる人のみが長期のインデックス投資で資産1億円に到達することができる可能性があるということです。これは誰にでもできることではないですね。

 インデックス投資をはじめた方の1%ほどしか到達することができないというのが、私の感覚です。

難しいが夢ではないというのがミリオネア。

YOHの考え

 私は自分自身が資産1億円を作ることは不可能ではないと考えています。そして、私が資産1億円を作るのに最も再現性の高い方法は長期のインデックス投資だということです。

 私は地方都市の公務員として働いており、年収が特別高いわけではありません。ざっくりとした区分けをしてしまえば、極めて平均的な部類に落ち着くということです。

 しかし、平均的な年収であるからインデックス投資に捻出するお金を工面できないかと言えばそうではないですね。

 ・共働き

 ・収入の水準を下回る生活を心がける

 ・大きな借金をしないようにする(過度な住宅ローンやカーローン)

 このようなどの世帯でも取り組むことが比較的容易なことをして、インデックス投資に捻出するお金を工面しているということです。

 そして、順調に資産は増加しているということです。そういった確かなバックホーンがあるからこそ、資産1億円というのが具体的な目標として見えているということです。

 しかし、資産1億円というのは誰しもが目指すものであるのかと言えばそうではないですね。

 ・お金が無くとも幸せ

 ・労働収入だけで生活して充実している

 このような暮らしをしている世帯というのも間違いなくよい人生を送っているということは間違いないからです。お金というのは、あくまでも人生を選択肢を増やすための道具に過ぎないということです。

 限られた選択肢の中で充実した人生を送ることができるのであれば、資産を増やす必要性は低いということです。

 私自身は資産1億円というのは、しっかりと目標を定めて取り組むことができるのであれば、多くの人が達成に近づくことができるものだと考えています。そのために必要なことは派手なことでは無くて地道なものの積み重ねです。

 その積み重ねを長年継続していくことによって、資産形成をすることができるのだと私は考えています。

 ご覧いただきありがとうございました。

 資産形成において最も大切なのは最初に100万円を貯金することです。そして、これが最も難しいのかもしれません。

fire-money.hatenablog.com

 100万円の次の目標は1,000万円になります。ここに到達するのにも特別なことは必要ないですね。

fire-money.hatenablog.com

 資産形成で大切なことを書いている書籍でおすすめなのは「となりの億万長者」ですね。その中でもさらに大切なことを要約しています。

fire-money.hatenablog.com