YOH消防士の資産運用・株式投資

消防士の資産運用、株式投資、仕事について紹介しています。

年末ジャンボ宝くじと資産運用について

年末ジャンボ宝くじ

 11月24日から12月24日まで年末ジャンボ宝くじが販売されています。

 ・1等 7億円 22本

 ・前後賞 1億5000万円 44本

 ・2等 1,000万円 88本

 非常に夢がありますね。今回の年末ジャンボ宝くじは1枚300円で4億4000万枚が売られています。

 ・1等 0.000005%

 ・前後賞 0.00001%

 ・2等 0.00002%

 当選確率は天文学的数字ですね。比較対象として適切ではないのですが、一説によると、雷に打たれる確立よりも低いと言われています。(ちなみに、私は雷に打たれた傷病者を救急搬送したことがあります。)

宝くじ

 公務員・会社員なら、誰しもが「宝くじに当たったら仕事辞めますか?」という話題で話をしたことがあると思います。公務員・会社員の生涯賃金は2億~3億円と言われており、1等はそれを遥かに上回る額を手にすることができるからですね。

 そんな夢のある宝くじですが、「宝くじは愚か者に課せられた税金」と言われています。

 ・パチンコ 80~85%

 ・競艇 75%

 ・競馬 70%

 ・宝くじ 45%

 各ギャンブルの還元率はこのように言われています。

 (還元率とは、自分が手にする金額ではなく、参加者に還元される金額です。身内麻雀であれば、胴元はいないので、還元率は100%になります。)

 宝くじの還元率は他のギャンブルと比較しても著しく低く、胴元が儲かる仕組みになっています。

f:id:fire-money:20211126164157p:plain

出典 宝くじ公式ホームページ

宝くじを購入することは愚かなのか

 宝くじを金融商品と考えた場合、そこに資産投下する方はまずいないでしょう。

 ・還元率45%

 ・100万円資産投下すれば、1カ月後に45万円になって返ってくる

 このような金融商品だからですね。資産運用には著しく適していません。なので、本気で資産を増やそうと考えて宝くじを購入することは、愚かと言って差し支えないでしょう。

 しかし、宝くじを購入する人が全て愚かかと言えば、そうではありません。

 ・期待

 ・夢

 ・浪費

 宝くじにはこのような楽しみの要素があるからですね。そして、楽しみとして購入することは、決して愚かではありません。

 ・3,000円分だけ購入して1カ月夢を見ることができる

 ・当選発表を楽しみにする

 ・当選したらどのように使うかを考える

 このようなことは、非常に楽しいことですね。まず、間違いなく宝くじ1等に当たることが無い、ということは、誰しもが感じています。

 今のように変化の激しい時代では、新しく出てもてはやされたものが、すぐに時代遅れとなり、誰も興味を示さなくなります。しかし、古くからある宝くじがいつまでもすたれないのは、このような夢を追う要素があるからですね。

f:id:fire-money:20211126171730j:plain

宝くじを購入する人=愚かではない。娯楽としては一定の価値がある。

YOHの考え

 宝くじは資産を増やす方法として見た場合、資産投下するに値しない金融商品です。

 ・元を取れる確率が著しく低い

 ・還元率が低い

 このような要素があるからです。しかし、娯楽として見た場合、資産投下してもよいものだと私は思っています。

 ・当選まで楽しみに待つことができる

 ・1枚300円と少額から購入できる

 ・当たった時のリターンが非常に大きい

 このような楽しみがあるからですね。宝くじの1等は当選確率が著しく低いですが、逆に考えれば、毎回誰かが当選しているということです。

 私の職場では宝くじをグループで購入している方々がおられます。1人3,000円ほどで、多くの方が参加している印象です。その中には、高額当選を本気で考えている方はおられないと私は考えています。宝くじ購入している方の多くは楽しむ時間を購入しているのですね。

 私はグループ購入していません。天文学的確率の1等が当たっても、グループ購入していると、1人の取り分が少なくなるからですね。仮に70人で購入していたとすると、今回の1等7億円が当たっても、1人の取り分は1,000万円にしかならないからです。

 1,000万円と言えば、間違いなく大金ですが、人生を変えるほどのインパクトはありません。刹那的な贅沢ができたり、資産形成の速度が少し加速する程度です。

 宝くじは資産形成には向きませんが、娯楽としては価値がある。私はそのように考えています。

 ・予算を決めて少額購入する

 ・過度な期待をしない

 宝くじは、このように楽しむには適しているのではないでしょうか。ご覧いただきありがとうございました。

資産形成に適しているのは株式投資です。

fire-money.hatenablog.com

株式投資の考え方についてはこちらです。

fire-money.hatenablog.com