YOH消防士の資産運用・株式投資

消防士の資産運用、株式投資、仕事について紹介しています。

変額保険は投資対象として適切か

変額保険

 生命保険会社などが取り扱っている保険に変額保険があります。消防士は民間保険会社の方とお付き合いしている場合が大変多く、様々な保険商品を進められます。

 その中で、老後資金や死亡保険として大変熱心に勧誘される保険商品の1つが変額保険です。

変額保険の仕組み

 変額保険は、名前の通り、受け取る保険金額が変わる保険です。

 ・月々の掛金は一定

 ・加入期間も一定

 ・受け取る保険金額が変動する

 このような特徴があるのが変動保険です。保険金額がなぜ変動するのかと言えば、掛金で株式や債券などのリスク資産を購入して運用しているからですね。運用成績によって、受け取る保険金額が変動する仕組みです。

 ・終身型

 ・有期型

 変額保険はこの2種類があり、終身保険は死亡した時に基本保険金と変動保険金を受け取ることができます。基本保険金は最低保証額があるのが一般的です。

 有期型は期間満了すれば、保険料が支払われますが、基本保険金はありません。運用実績によって受取額に大きな差があるのが特徴です。

 どちらにしても、保険と資産運用を掛け合わせた金融商品と考えてよいでしょう。商品によって差がありますが、手数料は掛金の3%がボリュームゾーンです。

f:id:fire-money:20211014103256p:plain

出典 Money Hub

 商品設計を見てわかるとおり、インフレに強いのが特徴ですね。株式が上昇すれば、同じように変動保険金額も増加していくからです。

変額保険は2重課税されているため、税金面で不利

 変額保険に加入する際は受取時の税金を考慮する必要があります。

 ・解約時

 ・満了時(死亡受取時)

 この場合に保険会社の見積金額に税金がかかります。

 解約時に払戻金に利益が出ていれば、一時所得として課税されます。

 ・(売却益-50万円)÷2×所得税率(消防士のボリュームゾーンは20%)

 満了時には受取人によって、贈与税か所得税がかかります。

f:id:fire-money:20211014104532p:plain

出典 ほけんROOM

 年金のように分けて受け取る場合は雑所得として税金がかかります。

 変額保険は株式投資という性質上、利益を出していれば、運用益に課税されていると考えるのが妥当です。そして、解約払戻時や満了受取時にも課税されます。このように考えると、2重課税されていると考えておいてよいでしょう。

f:id:fire-money:20211014110632j:plain

時代の流れによって金融商品も変化する。時代の変化について行くことが大切。

変額保険は投資対象として適切ではない

 私は、変額保険は投資対象として適切ではないと考えています。

 ・商品設計が非常に複雑

 ・運用益、解約満了時の2重課税

 ・手数料が高い

 このようなことから、投資対象として適切とは言えません。

 変額保険に加入されていた方の中には、利益が出たという方もおられますが、それは、商品設計が優れていたわけではなく、相場がよかったから利益が出ていると考えるべきですね。

 変額保険がS&P500に投資しているのなら、直接S&P500に資産投下した方が良いのです。

 ・手数料

 ・税金

 この2点で直接資産投下した方が優勢性があります。わざわざ、変額保険を通して資産投下する必要はありません。

変額保険は時代遅れの商品

 資産運用型の保険商品は商品設計が非常に複雑です。そして、複雑なものほど、ランニングコストがかかります。そこに資産投下していては、資産形成の速度が上がることはありません。

 ・手間がかからない

 ・管理が楽

 変額保険にはこのようなメリットはありますが、リターンと比較して見合っていないのが現状です。

 今は、スマートフォンひとつあれば、誰でも手軽に米国株式を購入できる時代です。もちろん、ある程度の労力と時間はかかりますが、リターンと比較すると微々たるものです。

 変額保険は株式購入に手間がかかっていた1990年代なら、投資対象として適切と考えることもできたでしょうが、現代では時代遅れの金融商品と位置付けてよいでしょう。

 ご覧いただきありがとうございました。

 保険に対する考え方はこちらをご覧ください。

fire-money.hatenablog.com

生命保険料控除についての考え方はこちらをご覧ください。

fire-money.hatenablog.com