YOH消防士の資産運用・株式投資

消防士の資産運用、株式投資、仕事について紹介しています。

【絶対に損しない生命保険】明治安田生命・じぶんの積立を丸裸にしてみる

明治安田生命のじぶんの積立

 生命保険には加入していないけど、生命保険料控除を使いたいという方に人気があるのが、明治安田生命のじぶんの積立です。

 ・掛金は月0.5万円~2万円

 ・いつ解約しても掛金以上の払戻がある(10年満期で103%)

 ・保険機能は無いに等しい(災害死亡で積立額の1.1倍が支払われる)

 ・掛金の払込期間は5年、保険期間は10年

 ・契約は対面のみ

 このような特徴がある保険商品です。保険というよりも、定期預金に近い性質を持ったものですね。このじぶんの積立に加入する多くの方は保険機能としてではなく、生命保険料控除目的に加入しています。

 今回は、明治安田生命のじぶんの積立は加入する余地があるのか考えてみたいと思います。

f:id:fire-money:20220130170311p:plain

出典 明治安田生命じぶんの積立

生命保険加入の考え方

 公務員や会社員の生命保険の考え方は非常にシンプルです。

 ・健康保険で賄える範囲を確認する

 ・不足する部分を民間保険で補う

 これだけですね。障害厚生年金、遺族厚生年金などを確認し、世帯の状況に合わせて民間保険をトッピングするということです。一般的には、貯蓄や資産が少なく、扶養家族が多いほど、保険は厚めにかけておく必要があります。

 ・独身

 ・資産が3,000万円以上ある

 このような場合は、民間保険は多くの場合不要と考えてよいですね。何かあっても、貯蓄で対応できるということです。

生命保険料控除

 自分の状況から民間保険に加入していない場合、生命保険料控除を受けることはできません。

 ・生命保険料

 ・介護医療保険料

 ・個人年金保険料

 生命保険料控除はこれらに加入している場合に受けることができる控除です。

 ・所得税40,000円

 ・住民税28,000円

 この金額が生命保険の控除額の最高金額となります。

f:id:fire-money:20210924214842p:plain

出典 オリックス生命

f:id:fire-money:20210924214916p:plain

出典 オリックス生命

 所得税、住民税の控除を考えると、住民税の最高控除額の56,000円が生命保険の年間保険料の目安となります。(年間保険料が56,000円の場合、所得税の控除額は34,000円)

 控除を最大限生かすためには、生命保険の合計が月にして4666円、これが生命保険料控除の保険料の目安となるということです。

 そして、明治安田生命のじぶんの積立はこの金額にマッチしているといえるのですね。

じぶんの積立でどの程度節税できるか

 じぶんの積立に生命保険料控除目的で加入する場合、最もよい金額は1口5,000円(年間6万円)です。

 ・所得税の控除額 35,000円

 ・住民税の控除額 28,000円

 年間6万円の掛金でこれだけの控除を受けることができるということです。(2口の月1万円の掛金にしても、所得税の控除額は5,000円しか上がらず、住民税の控除額は据え置かれたままとなるからです)

 そして、課税所得が高ければ高いほど節税効果は高くなります。

f:id:fire-money:20220130171856p:plain

出典 国税庁 所得税の税率

【課税所得195万円未満】

 ・3.5万円×5%=1,750円【所得税】

 ・2.8万円×10%=2,800円【住民税】

 ・年間節税効果 4,550円 

【課税所得195万円~330万円未満】

 ・3.5万円×10%=3,500円【所得税】

 ・2.8万円×10%=2,800円【住民税】

 ・年間節税効果 6,300円

【課税所得330万円~695万円未満】

 ・3.5万円×20%=7,000円【所得税】

 ・2.8万円×10%=2,800円【住民税】

 ・年間節税効果 9,800円

【課税所得695万円~900万円未満】

 ・3.5万円×23%=8,050円【所得税】

 ・2.8万円×10%=2,800円【住民税】

 ・年間節税効果 10,850円

【課税所得900万円~1800万円未満】

 ・3.5万円×33%=11,500円【所得税】

 ・2.8万円×10%=2,800円【住民税】

 ・年間節税効果 14,350円

【課税所得1800万円~4000万円未満】

 ・3.5万円×40%=14,000円【所得税】

 ・2.8万円×10%=2,800円【住民税】

 ・年間節税効果 16,800円

【課税所得4,000万円以上】

 ・3.5万円×45%=15,750円【所得税】

 ・2.8万円×10%=2,800円【住民税】

 ・年間節税効果 18,550円

 これが払込期間の5年間続くので、5年間の総節税額は以下のようになります。

 ・課税所得195万円未満 22,750円

 ・課税所得195万円~330万円未満 31,500円

 ・課税所得330万円~695万円未満 49,000円

 ・課税所得695万円~900万円未満 54,200円

 ・課税所得900万円~1800万円未満 71,750円

 ・課税所得1800万円~4000万円未満 84,000円

 ・課税所得4,000万円以上 92,750円

 5年合計でこれだけの金額を節税できることになるということです。それなりの金額なのですが、金額だけではどの程度得なのかわからないので、内部収益率で確認していきます。

f:id:fire-money:20220130175922p:plain

出典 明治安田生命のじぶんの積立

自分の積立の課税所得別内部収益率

 じぶんの積立は10年満期になると、103%増しで払戻されます。

 ・年間6万円積み立て

 ・5年で30万円

 ・5年間放置

 ・払戻金は30.9万円

 この場合の内部収益率は0.37%です(内部収益率=利回りという認識でOKです)

 これを加味して各課税所得別の内部収益率を確認していきます。

 ・課税所得195万円未満 30.9万円+2.275万円=33.175万円(払戻金+節税額)

 ・内部収益率 1.26%

 ・課税所得195万円~330万円未満 30.9万円+3.15万円=34.05万円

 ・内部収益率 1.59%

 ・課税所得330万円~695万円未満 30.9万円+4.9万円=35.8万円

 ・内部収益率 2.23%

 ・課税所得695~900万円未満 30.9万円+5.42万円=36.32万円

 ・内部収益率 2.38%

 ・課税所得900万円~1800万円未満 30.9万円+7.175万円=38.075万円

 ・内部収益率 3.01%

 ・課税所得1800万円~4000万円未満 30.9万円+8.4万円=39.3万円

 ・内部収益率 3.42%

 ・課税所得4,000万円以上 30.9万円+9.275万円=40.175万円

 ・内部収益率 3.7%

 掛金と払戻金、節税を加味すると利回りはこのようになるということですね。公務員や会社員のボリュームゾーンで考えると、年収600万円以下(課税所得330万円未満)なら、10年間の利回りは1.59%、600万円以上(課税所得330万円以上)なら2.23%。これが明治安田生命のじぶんの積立という保険の中身ということですね。

f:id:fire-money:20220130180218j:plain

悪い金融商品ではない。利回りをどのように判断するかは個々による。

YOHの考え

 この明治安田生命のじぶんの積立は2016年に発売開始されて、今も販売されています。

 ・生命保険に加入しておらず、生命保険料控除を使っていない

 ・節税額と払戻金を加味した内部収益率に納得がいく

 このように考える方にとっては、十分に資産投下を検討する余地がある保険商品です。課税所得330万円以上であれば、確実に2.23%のリターンが保障されているというのは、保険商品としては破格ということです。

 ・対面契約のみ

 ・明治安田生命に金銭的旨みが全くない

 しかし、このようなことから、このじぶんの積立は典型的なドアノック保険であることは明らかです。

 ・契約に時間が取られるのがめんどくさい

 ・断るのが手間

 利回りを加味して、このような時間と手間のデメリットが上回っていると感じるのであれば、資産投下はしない方がよいということです。また、インフレ率(年2%)についても頭にいれておく必要はありますね。

 じぶんの積立は資産投下すれば、間違いなく資産増加させてくれる非常に稀な保険商品です。しかし、その分裏があることも頭に入れておく必要がある金融商品ということです。

 ご覧いただきありがとうございました。

 生命保険料控除についてはこちらで記事にしています。

fire-money.hatenablog.com

 生命保険についての考え方はこちらです。

fire-money.hatenablog.com