YOH消防士の資産運用・株式投資

消防士の資産運用、株式投資、仕事について紹介しています。

富裕層に到達するための資産形成初期段階を早く抜け出す方法について

資産形成

 お金とは誰しもが一生涯付き合っていくもので、資産を管理することは誰しもが考えなければならないことのひとつです。資産形成に熱心な多くの人は富裕層(金融資産1億円以上)に到達したいと考えています。

 金融資産が1億円あれば、無茶な使い方をしない限りは、人生におけるお金の問題を概ねクリアすることができていると考えられるからですね。そして富裕層に到達するためには、3つの段階を経る必要があります。

 ・資産形成初期・・・資産形成のタネ銭を作る段階

 ・資産形成中期・・・資産を増やす段階

 ・資産形成後期・・・資産を守る段階

 富裕層に到達するには、初期と中期を抜けて後期に到達する必要があります。自分がどの段階にいるかは年齢によって決まるものではありません。

 ・30代で資産形成後期を迎えている

 ・60代で資産形成初期にいる

 このようなことはありふれているということです。そして、富裕層になるには、どの段階も非常に大切ですが、あえて言うのであれば、資産形成初期が最も大切だと私は考えています。

 その理由は、多くの人が資産形成初期から抜け出せないまま、老後を迎えることになるからですね。

 ・貯金が無いまま60歳を迎えて定年退職

 ・お金に向き合うことなく人生を過ごして60歳を迎えた

 ・年金受給年齢になってはじめて自身の年金受給額を知ることになった

 このような事例は周囲を見渡しても珍しいものではありません。このような状態が全くの不幸かと一概に言うことはできませんが、お金の面においては失敗をしていると言ってよいですね。

 富裕層に到達しないとしても、早いうちに資産形成初期の段階を抜け出しておくことは誰しもがしておいて方がよいことです。

 ・資産形成初期とは

 ・資産形成初期を抜け出すために必要なこと

 今回はこの2点について考えてみたいと思います。

資産形成初期とは

 資産形成初期とは、お金を増やすための準備期間です。お金を増やす方法は主に2種類あります。

 ・自分自身の労働力を売ってその対価としてお金を得る

 ・お金自身に働いてもらってお金を増やす

 この2種類の方法があります。多くの人は「自分自身の労働力を売ってその対価としてお金を得る」ということに対しては非常に真剣に向き合います。

 ・真面目に仕事をして年収を上げる

 ・遅くまで残業をして残業代を稼ぐ

 ・資格を取って手当を増やす

 このようなことによって、お金を増やそうとしますが、これだけでは限界があります。給料というのは、働いて結果を出せば出すほど青天井で上昇していくものではないからですね。

 ずばり言ってしまえば、業界水準によってもらえる給料は決まっているということです。最高年収900万円の業界(私のような消防職員です)でどれだけ頑張ろうと、それ以上にはならないということです。

資産形成初期を抜け出すために必要なこと

 そのため、お金を増やすためには別の方法を取る必要があります。それが「お金自身に働いてもらってお金を増やす」という方法です。

 ・株式投資

 ・不動産投資

 ・FX取引

 お金自身に働いてもらってお金を増やす方法にはこのような方法がありますが、どれを行うにしても、ある程度のまとまったお金が必要です。そのために必要なことはそれほど難しいことではありません。

 ・貯金

 ・節約

 この2つを行って、働いてもらうためのお金を用意するということです。もちろん、収入が多ければタネ銭は作りやすいですが、出ていくお金が多ければ意味がありません。

 収入が多いことはタネ銭を作るための条件としてはそれほど重要ではないということです。それよりも重要なことは節約と貯金です。

 ・月々決まった金額を貯金し続ける

 ・収入に見合った生活を心がけて、価値の無い支出を減らす

 これによって、節約から貯蓄への流れを作ることを資産形成初期段階では徹底する必要があるということです。

YOHの考え

 資産形成は主に初期、中期、後期に分かれますが、金融資産保有額1億円の富裕層の世帯であっても、この順番で資産を増やしていくことになります。

 誰しもが資産形成初期の貯金と節約をして、お金に働いてもらうためのタネ銭を用意することからはじめるということです。

 実際には、初期、中期、後期というのは明確に分かれているのではなく、初期と中期の間の期間も存在します。

 図にするとこのようなイメージになりますね。そのため、貯金と節約でタネ銭を作りつつ、株式投資などに取り組むという形を取ることになります。大切なのは順番を守るということです。

 ・働いてもらうタネ銭が十分でないにも関わらず株式投資をする

 このような段階を経ることなく次の段階に行くことをしていては、資産形成が上手くいかないということです。

 金融資産保有額1億円というのは、多くの人が到達したい目標の金額であると私は考えています。冒頭でも触れましたが、金融資産保有額が1億円あれば、どの年齢であっても人生におけるお金の問題はクリアすることができている、と考えてよいからですね。

 金融資産保有額1億円というのは途方もない金額に思えますが、到達するために最初にやるべきことは地味で面白味の無い貯金と節約です。このスキルを若い時にしっかりと身に付けておくことが、富裕層に到達するために欠かせないことだと、私は考えています。

 ご覧いただきありがとうございました。

 富裕層に到達するために最も大切なことは年収が多いことではありません。それよりも支出コントロールが大切です。

fire-money.hatenablog.com

 金融資産保有額5,000万円の準富裕層に到達する方法も、地味でコツコツとしたことを繰り返すことが大切です。人の目を惹くような手法は必要ありません。

fire-money.hatenablog.com

 資産形成初期段階を超える目安は金融資産保有額1,000万円ですね。そこを超えれば資産形成の速度は早まります。

fire-money.hatenablog.com