YOH消防士の資産運用・株式投資

消防士の資産運用、株式投資、仕事について紹介しています。

長期投資家の損切判断の基準とは

含み損を抱えた銘柄

 個別株を複数保有している場合、全ての銘柄で含み益が出ている状態を維持することは非常に困難です。長期投資前提で10銘柄購入すれば3つの銘柄は含み損を抱えることになる、ぐらいは当たり前と言ってよいということです。

 ・配当目的

 ・株主優待目的

 このようなことが魅力で購入したのであればなおさらですね。短期売買のために購入した銘柄であれば、損切ラインを決めてスパッと売ることができるのでしょうが、長期投資前提の銘柄ではそれは難しいですね。

 そして、含み損を抱えた銘柄を長期間保有することは気持ちのよいものではありません。ずばり言ってしまえば、株価の下落に合わせて損切したくなるということです。

 ・配当目的なので株価の値下がりは問題ではない

 ・株主優待目的なので株主優待が維持されればよい

 このように思っていても、購入時よりも株価が下がっていると損切したくなるのが投資家心理ですね。

出典 トウシル

長期投資家と短期投資家は重視する数字が異なる

 株式投資でよく言われるのが、「未熟な投資家は損切できない」ということです。しかし、これは長期投資家には当てはまらないと私は考えています。長期投資家と短期投資家では同じ銘柄を見ていても目線が異なるからですね。

 ・株価

 ・トレンドライン

 ・移動平均線

 ・終値

 ・一目平均線

 ・水平線

 デイトレードやスイングトレードなどをする短期投資家が重視するのはこのような出入りが大きい数字です。一方で長期投資家が重視する数字は全く異なっています。

 ・総資産

 ・PBR

 ・PER

 ・配当性向

 ・有利子負債

 ・連続増配

 長期投資家の場合、銘柄選定の際に最も重視するのはこのような数字ということです。そして、長期投資家が重視する数字は毎日大きな動きがあるわけではありません。

 ・四半期ごと

 ・半年ごと

 このようなペースで更新されることが多いということです。しかし、株価は毎平日上下動があります。

 ・1週間で10%株価が下落

 ・今年最安値を更新した

 このようなことがあれば、株価を気にする短期投資家は行動する必要がありますが、長期投資家は行動する必要が無いということです。重視している数字に変化が無いからですね。

 株価が下がろうが、重視している数字に変化がないのであれば損切せずにホールドし続けるのが本質的だということです。そのため、長期投資家は短期的な株価の変動で損切をすべきではないということです。

長期投資家と短期投資家では損切のプロセスが異なる。長期投資では株価は重要ではない。

YOHの考え

 短期投資家が株式購入時に最も重視する数字は株価です。株価の上下動によって、自分の投資の成否が変わるからですね。

 ・取引開始から1時間で30円株価が上がった

 ・1,000円で購入した株式が1週間で1,100円になった

 このような数字の動きに反応して利益を出す必要があるということです。その動きを考えるために必要なのがトレンドラインや移動平均線ということです。

 長期投資家も株式購入時に株価は重視しますが、短期投資家と比較すると、それほどシビアに見なくともよいということです。

 ・業績が落ち込んでも配当を出すことができるか

 ・そもそも会社自体が潰れることはないか

 長期投資家はこのようなことを考えて株式購入するということです。その分析に用いるのがPBRやPER、配当性向といった数字だということです。

 短期投資の場合、PBRやPERはそれほど気にする必要はありません。極端に言ってしまえば、株式購入した企業が1年後に無配当になったり倒産していても全く問題ないということです。しかし、長期投資家にとってはそうでは無いということです。

 ・株式購入した理由の根底が変化する(株主優待廃止など)

 ・連続増配が途切れる

 ・配当の出し方が変わる

 ・企業の経営方針が大きく変わる

 長期投資家が購入した株式を手放すのはこのような場合のみでよいということです。このような場合、株価がどのようになっていてもその企業の株式は手放す必要があります。

 ・配当の出し方が変わったけど含み損を抱えている

 ・経営方針が大きく変わったけど、移動平均線を見ていると株価が上がりそう

 このようなことを考えるのは本質的ではないですね。長期投資家は株価ではなく、このような動きに反応して損切をしなければならないということです。

 長期投資家が最もしてはいけないことは、株価によって損切をすることだと私は考えています。ご覧いただきありがとうございました。

 少ない元手で短期間に資産増加させるためには短期投資は欠かせません。

fire-money.hatenablog.com

 短期投資をサテライトにおいて資産運用するのはよい戦略ですね。

fire-money.hatenablog.com

 短期投資においても投資のコアを定めることは大切ですね。

fire-money.hatenablog.com