YOH消防士の資産運用・株式投資

消防士の資産運用、株式投資、仕事について紹介しています。

【極意は積立金額にあり!】本当にリスク許容度を守った積立投資ができていますか?

積立投資は簡単なのか

 株式投資で非常に人気のある投資手法のひとつが積立投資です。

 ・決まった金融商品を月々決まった金額や口数で買い付ける

 ・それを長期的に継続していく

 積立投資とはざっくりと言うとこのような投資手法です。積み立てに選択される金融商品としては投資信託が多いですね。

 ・任意の金額を指定できる

 ・クレジットカードで決済することができる

 ・商品ラインナップが豊富

 ・ネット証券から簡単に積立設定ができる

 投資信託が積立投資の金融商品として選択される理由としてはこのようなことが挙げられます。

 私も資産形成の軸を投資信託の積立投資に置いています。その最も大きな理由としては「任意の金額を指定できる」ということです。

 投資信託の基準価格がどのようになろうが、月○○万円、年間合計○○万円といった金額を計画的に株式投資に充てることができるのは、月々の給料が安定している公務員や会社員の投資家と非常に相性がよいということです。

 しかし、積立投資については誤解が生じることが少なからずあります。

 ・決まった金額を積み立てるだけだから簡単

 ・投資する金融商品を選択すればあとは考えることがない

 誤解というのはこのようなものですね。私自身、積立投資はこのような簡単なものではないと考えています。

 その理由というのは、自身のリスク許容度に合った積立金額の設定は非常に難しいものであるからです。

 ・積立投資の積立金額設定が難しい理由

 ・リスク許容度上限の決め方

 今回は積立投資についてこの2点を中心に触れてみたと思います。

積立投資の積立金額設定が難しい理由

 積立投資において非常に難しいのが適切な積立金額の設定です。

 この積み立てする金額を誤ってしまうことは、株式投資が失敗してしまうことになるからですね。

 そして、積み立てする金額というのは多く設定することはもちろんですが、少なく設定してしまっても正しい積立投資をすることはできないということです。

余裕のない金額を設定するケース

 積立金額を決める際にやってはいけないのは、余裕のない金額を設定しまうことです。

 ・生活費を切り詰めたら月5万円積立投資ができる

 ・貯金が50万円の状態で月10万円の積立投資をする

 積立投資における余裕のない金額設定とはこのような設定です。

 余裕のない金額を設定してしまうといけない理由は、ずばり言ってしまえば、「継続することができない」からですね。

 ・急な出費

 ・思わぬ支出の増加

 人生においてこのようなことは避けることはできません。特に急な出費というのは頻繁に訪れます。

 しかし、余裕のない金額を積立設定していると、急な出費に対応できなくなり、積立投資自体が破綻してしまうことになるということです。

 この余裕のない金額を設定してしまいがちになるのは、積立投資の特性によることところが非常に大きいですね。

出典 積立かんたんシミュレーション | 投信積立 | 投資信託 | 楽天証券

 積立期間とリターンが同じであれば、積立金額が多くなるほど、最終積立金額の期待値は大きくなります。

 そして、複利効果によるリターン金額の期待値も大きくなります。

 これが余裕のない金額を設定しまうことの大きな理由ということです。

余裕のあり過ぎる金額を設定するケース

 積立投資でしてはいけないのは、余裕のない金額を設定することだけではなく、余裕を持ち過ぎる金額を積立設定してしまうケースも同様です。

 ・貯金が十分にあるにも関わらず、積立金額を月1万円する

 ・収入が増加して、生活水準に変化がないが積立金額が月3万円のまま

 余裕を持ちすぎる金額を積立設定してしまうとはこのようなケースですね。

 このような余裕を持ちすぎる金額を積立設定することは、一見すると安全確実にリスク許容度の範囲内で株式投資ができているように思えますが、そうではないですね。

      

 この図のように、リスク許容度というのは、上限と下限があります。そして、株式投資においてはリスクを取り過ぎること、つまり上限を超えることを「リスク許容度を超える」と捉えがちになります。

 しかし、リスクを取り過ぎない下限を超えてしまうこともまた、「リスク許容度を超える」ことになるということです。

 このリスクを取り過ぎないことでリスク許容度を超えてしまうことのデメリットは、「自身の資産を効率よく最大化することができない」ことです。

 株式投資というのは、限られた自分の資産をできるだけ効率よく増やすために許容できるリスクはできる限り引き受ける必要があります。

 そうしてリスクを大きく受ければ受けるほど、リターンが大きくなるということです。

 そのため、積立投資において余裕のあり過ぎる金額を設定してしまうことは、積立投資を失敗してしまうことになるということです。

余裕のあり過ぎる積立金額設定も適切な積立投資とは言えない。

YOHの考え

 今回は積立投資の金額設定について考えてみました。

 積立投資には様々な抑えておくポイントはありますが、私自身が最も大切なポイントをひとつ挙げるとするなら、積立金額設定、ということになります。

 積立金額によって、投資期間終了後に得ることができる金額に大きな差が生まれることになるからです。

 そのため、積立金額の設定というのは、リスク許容度の範囲内で行うことが大切です。

 そして、リスク許容度を超えた積立投資というのは、積み立てする金額が多すぎることを考えがちですが、積立金額が少な過ぎることもまた、リスク許容度を超えた積立投資であると考えておく必要があります。

 そのため、積立投資の設定金額というのは、自身のリスク許容度のギリギリを見極めて設定する必要があります。

 図にするとこのような形になりますね。

 リスク許容度の範囲内で、できるだけ上の方の金額を積立設定することによって、積立投資のリターンを大きく得ることが正しい積立投資であるということです。

 そして、このような正しい積立投資をするためには、何となく積立金額を決めるだけでは不十分です。

 ・とりあえず月3万円しておけば安心だから

 ・月5万円がスタンダートと言われているから

 このようなことで積立投資の金額を決めてしまうことは、してはいけないということです。

 ・収入

 ・支出

 ・リスク資産の金額

 ・無リスク資産の金額

 少なくとも、世帯におけるこれらの状況を把握して、積立投資に充てることができる金額を考える必要があります。

 もちろん、ただただ同じ金額を入金することによって、積立投資で資産を増やすことは十分に可能でしょう。

 しかし、自分の限られた資産を効率よく増やすためには、自分自身でリスク許容度の上限を把握して、積立金額を設定することが求められるということです。

 そして、その設定金額というのは非常に難しいものだということです。

 ・決まった金額を積み立てるだけだから簡単

 ・投資する金融商品を選択すればあとは考えることがない

 積立投資とは決してこのような単純なものではないと私は考えています。

 ご覧いただきありがとうございました。

  積立投資に限らず、資産形成は成否は金額の大小で決まるものではありません。大切なのは長期的な資産推移です。

fire-money.hatenablog.com

 投資信託のクレカ積立の利回りには注意が必要です。株式投資の利回りとポイント利回りは同じではありません。

fire-money.hatenablog.com

 新NISAで人気のあるiFreeNEXTFANG+インデックスは積立投資をする際には注意が必要です。

fire-money.hatenablog.com