YOH消防士の資産運用・株式投資

消防士の資産運用、株式投資、仕事について紹介しています。

【長期投資には向かない】SBI・V・米国高配当株式インデックスファンドについて

SBI・Vシリーズ

 SBI証券が投資信託で最も力をいれているひとつが、SBI・Vシリーズです。

 ・SBI・V・S&P500

 ・SBI・V・全米株式

 ・SBI・V・米国高配当株式

 ・SBI・V・全世界株式インデックスファンド

 2022年1月末にSBI・V・全世界株式インデックスファンドが積み立て可能になり、いきなり36億円を集めて大きな話題になりました。これらの4つのファンドで5,000億円以上の時価総額があり、人気の高さがわかります。

 ・SBI・V・S&P500 5,865億円

 ・SBI・V・全米株式 825億円

 ・SBI・V・米国高配当株式 118億円

 ・SBI・V・全世界株式インデックスファンド 98億円

 2022年6月末時点での各SBI・Vシリーズの時価総額はこのようになっています。SBI・V・S&P500は2022年3月に時価総額が5,000億円を超えて話題になりましたが、そこからも順調にお金を集めていることがわかります。

 SBI・V・シリーズがこれほど人気がある理由のひとつとしては、ETFを投資信託として購入できることが挙げられます。

 ・SBI・V・S&P500インデックスファンド → VOO

 ・SBI・V・全米株式インデックスファンド → VTI

 ・SBI・V・米国高配当株式インデックスファンド → VYM

 ・SBI・V・全世界株式インデックスファンド → VT

 このように、人気のETFを投資対象としているということです。それぞれに特徴があるのですが、SBI・V・シリーズの中で唯一長期投資に向かないものがあります。それが、SBI・V・米国高配当株式インデックスファンドです。

 ・SBI・V・米国高配当株式インデックスファンドについて

 ・SBI・V・米国高配当株式インデックスファンドが長期投資に向かない理由

 今回は、SBI・V・高配当株式インデックスファンドについて、この2点を中心に触れてみたいと思います。

f:id:fire-money:20220203174215p:plain

出典 SBI・V・高配当株式インデックスファンド目論見書

SBI・V・高配当株式インデックスファンド

 SBI・V・高配当株式インデックスファンドは2021年6月から積立可能となった投資信託です。

 ・対象指数 FTSEハイディビデント・イールド・インデックス

 ・投資対象 VYM

 ・為替ヘッジ無し

 ・経費率 0.1238%

 ・時価総額 118億円

 主なデータはこのようになっています。積立開始から1年で時価総額100億円以上になっていることから、償還のリスクなどは無いと言ってよいですね。

 このようになっています。次にVYMの構成銘柄やデータを確認していきます。

出典 ブルームバーグ VYM

 VYMの中身は米国高配当銘柄で構成されています。世界的に有名な企業ばかりですね。これらに時価総額平均荷重で資産投下しています。

 ・株価 107ドル(2022年9月13日時点)

 ・時価総額 445億ドル

 ・直近配当利回り 3.3%

 ・経費率 0.06%

 ・5年トータルリターン 9%

出典 ブルームバーグ VYM

 直近5年の指数の動きを見ると、コロナショック前後で様子が大きく異なっています。コロナショック前は75ドル~90ドルを行ったり来たりしていますが、コロナショック後にきれいな右肩上がりとなっており、現在は過去最高水準となっています。

なぜ長期投資に向かないのか

 SBI・V・米国高配当株式インデックスファンドは経費率を見ても非常に優秀で、中身のVYMも資産投下に値するETFです。しかし、長期投資という点においてはSBI・V・高配当株式インデックスファンドは適格であるとは言い難いというのが私の印象です。

f:id:fire-money:20220203180637p:plain

出典 

VYM 銘柄 - バンガード・ハイディビデンドイールドET 投資信託(ファンド)情報 - Bloomberg Markets

 青がVOO、赤がVTI、オレンジがVYMの上昇率となっています。VYMはVOO、VTIと比較して成長性が大きく劣後していることがわかります。これは、高配当株式の宿命とも言えることですね。

 米国に限らず高配当の企業は、ある程度ビジネスモデルが確立された安定期に入っていることが多いということです。そのため、VYMを構成する企業の価値自体が新興ハイテク企業のように大きく上昇することは考えにくいのですね。

 投資家が株式投資をする上で、株式投資のプロよりも優れている面は、投資期間を長く取ることができるということです。

 ・生活の余剰資金を20年以上の長期に渡って増やしていく

 このような投資手法は個人投資家しか取ることができません。これを最大限に生かすには、成長する企業に資産投下することです。公務員や会社員の個人投資家にとっては、分配金よりも企業の価値が上がることの方が資産を増やしやすいということです。

f:id:fire-money:20220203191611j:plain

分配金よりも成長重視が本質的。

YOHの考え

 SBI・V・シリーズは非常に優れた投資信託であり、SBI・V・米国高配当株式インデックスファンドも優れた投資信託であることは間違いありません。

 しかし、SBI・V・シリーズの中で、SBI・V・米国高配当株式インデックスファンドだけは毛色が違うことは知っておいてよいですね。

 ・SBI・V・S&P500

 ・SBI・V・全米株式

 ・SBI・V・全世界株式インデックスファンド

 この3つに関しては、どれを選択するかは個人の好みによって変わりますが、成長企業に資産投下するという方針に違いはありません。

 しかし、SBI・V・米国高配当株式インデックスファンドに資産投下するということは、成長性ではなく、分配金を出している企業に魅力を感じて資産投下するということです。

 それならば、投資信託のSBI・V・米国高配当株式インデックスファンドを購入するのではなく、直接VYMを購入した方がよいというのが私の考えです。経費も安く、分配金も直接手にすることができるからですね。

 分配金自体は素晴らしいもので、今の生活を豊かにしてくれるものです。しかし、投資規模によっては実感し辛いということでs。

 ・分配金で月の光熱費を賄える

 ・分配金で大きな買い物ができる

 日々の生活でこのようなことを実感、月1万円は必要です。VYMの直近利回りは3.31%ということを考えると、300~500万円をVYMに資産投下する必要があるということです。(税金を考慮していないザックリ計算です)

 このように考えると、SBI・V・米国高配当株式インデックスファンドは資産投下対象として中途半端ということになるのですね。SBI・V・全米株式などを軸にしつつ、サテライト的に資産投下するというのがよいのですが、それならばVYMを直接購入した方が本質的であるということです。

 ・VOO

 ・VTI

 ・VT

 この3つのETFは非常に人気がありますが、その理由はETF自体が時間と共に価値を高めていくことと、安定的な分配金を出すことを兼ね備えているからです。

 株式投資に限らず、投資の原則は長期的に見て価値の高めていくものを購入し保有することです。その原則から言えば、VYMをベンチマークとしているSBI・V・米国高配当株式インデックスファンドは原則通りの金融商品とはやや言い難いということです。成長性を犠牲にする代わりに分配金を多く出しているからですね。(VYMのチャート自体は右肩上がりです。)

 ・成長性よりも分配金を重視している

 ・分配金を受け取ることができるが、それならばVYMを直接買い付けた方がよい

 SBI・V・米国高配当株式インデックスファンドはこのような特性があるため、成長性、分配金、どちらかを重視している両方にとって中途半端な金融商品であるということです。

 私自身は株式投資はある程度の資産規模になるまでは分配金を得るのではなく、ひたすら成長性を重視した方がよいと考えています。

 ある程度の資産規模になってから、分配金などを意識した株式投資をしても、その恩恵は十分に受けることができるからですね。資産増加においては、分配金よりも成長性が大切だと考えています。

 ご覧いただきありがとうございました。

fire-money.hatenablog.com

 SBI・V・全世界株式インデックスファンドについてはこちらで記事にしています。

fire-money.hatenablog.com

 SBI・VシリーズはETFをベンチマークとしているため、手数料面だけを見ればETFを直接買い付けた方がお得です。しかし、SBI・Vシリーズは手数料に見合うだけのメリットがありますね。

fire-money.hatenablog.com

 SBI証券では2022年4月1日から買い付け手数料無料のETFが豊富になりました。非常によいラインナップですね。

fire-money.hatenablog.com